COLUMN

コラム

Column

2021.12.21

不動産管理会社が抱える困りごと3選!不動産DX推進可能な入居者管理アプリとは?

今回のコラムでは、不動産管理会社が抱えやすい困りごととそれを解決できる入居者管理アプリについて解説します。

一般的な賃貸物件の困りごとを把握できるだけでなく、入居者管理アプリの概要とどのようなメリットがあるのかも知ることが可能です。現在、管理に手間を感じていたり、現状を改善したいと思われていたりする方は、ぜひ参考にしてください。

よくある不動産管理会社が抱える困りごと3選

まず、不動産管理会社が抱える困りごとを3つご紹介します。

入居者がゴミ出しのルールを守れていない

1つ目の困りごとは、ゴミ出しのルールを守れていない入居者がいることです。

ゴミ捨ては曜日や時間が指定されているケースが多いです。しかし、入居者の中にはルールを守らない人も一定数出てきます。

ルールが守られていないと、ゴミ捨て場が汚れてしまったり、未回収のゴミが長時間残ってしまうため、それが原因となって、他のトラブルの要因に繋がりかねません。

ルールを守らない人の中には、正しいゴミの捨て方の情報が伝わっていないという理由の方もいらっしゃいます。決して、故意でそのような行動をしている人ばかりではありません。ルールなどの情報を入居者に共有することでこのような困りごとが減る可能性もあるでしょう。

 

掲示板のお知らせが入居者に伝わっていない

 

2つ目は、管理者からのお知らせが入居者に伝わりづらいことです。

 

これまでの不動産管理業界の連絡手段は、電話以外は掲示板や手紙の投函といった方法がメインでした。しかし、電話では入居者1件1件に架電をするのに膨大な時間がかかりますし、掲示板も手紙も、入居者がお知らせを確認したかどうか、管理者側で確認ができません。

そのため、管理者から入居者への情報伝達がうまく行き届かないことがあります。実際に、情報共有がスムーズに行えないことが困りごとになっている管理会社様もいるのではないでしょうか。

問い合わせの対応業務に時間を取られる

3つ目は、問い合わせの対応業務に追われることです。

管理者が直接電話で対応していると大幅に時間を取られてしまい、他の業務に手が回らない可能性があります。問い合わせの中には些細な問い合わせやクレームもあるため、

悩みを抱える管理会社様も多いです。

 

 

入居者管理アプリ『conshelly』とは!?導入して悩みを解決!

上記のような困りごとは、入居者管理アプリで解決することができます。

入居者管理アプリ『conshelly』とは、管理者に業務効率化を、入居者には利便性を向上してくれる両者の架け橋となってくれるアプリケーションです。実際に導入することで、下記のようなメリットがあります。

・通知により新着情報を容易に知らせることができる

・「よくある質問」などを活用して問い合わせ件数を削減

・不動産DXの推進による新しい価値

を提供

次に、conshellyの代表的な機能

についてチェックしていきましょう。

 

お知らせ機能

1つ目は、お知らせ機能です。

入居者に知らせたい情報があるとき、アプリで知らせることができます。お知らせを発行すると入居者は通知を受け取るため、掲示板や手紙よりも情報共有がスムーズです。

また、お知らせの開封や未開封情報に関しても管理画面から確認することができます。

 

チャット機能


2つ目がチャット機能です。

アプリ内にはチャット機能が搭載されており、そこで入居者と管理者がメッセージをやり取りすることができます。画像や動画の送信も可能なため、設備故障などの事実確認も容易です。

 

よくある質問機能

3つ目は、よくある質問機能です。

些細な質問対応に時間を取られて他の業務に取りかかれないことも少なくありません。また、別の入居者から同じ質問を受けることもあります。

よくある質問機能を利用して、よくある問い合わせと解決方法を掲載しておくことで、問い合わせ件数を減らすことが可能です。これにより、業務効率化を実現することができるでしょう。

 

入居者管理アプリ『conshelly』を使った2つの活用事例

次は、入居者管理アプリ『conshelly』を使った活用事例についてチェックしていきましょう。活用事例を知ることで、どのような悩みを解決できるのかより明確にわかるので参考になるのではないでしょうか。

 

新民法改正の対策ができない

新民法改正により賃貸物件の管理者は、今までよりも対応しなければならないことが増えました。例えば、下記のような対策が必要です。

・敷金や原状回復のルールを明確にしなければならない

・連帯保証人の保護に関するルールを義務化しなければならない

・修繕のルールを明確にする必要がある

conshellyを導入することで、新民法改正対策ができます。conshellyは入居者への対応履歴をデータとして保存することが可能です。これにより、事実確認など必要な証拠を残すことができます。また、アプリに搭載されているルームチェック表を活用することで、原状回復のトラブルも抑制することが可能です。

 

管理件数をアップさせたい

管理件数のアップは、数多くのオーナーや企業が抱える悩みです。このような悩みに対してもconshellyを導入すれば、解決できる可能性があります。

conshellyを活用することで不動産DXを推進することが可能です。DXを推進することで、、。昨今の代替わり時期に入っている不動産業界において、選ばれる管理会社となるための、アピールポイントを作ることができます。

また、オペレーションを取り入れることで管理担当者数の増減に影響されることがなく、安定したサービスを提供することが可能です。

 

まとめ

今回は、不動産管理会社が抱える困りごとと、入居者管理アプリについて解説しました。使用すれば、現状の困りごとを解決するきっかけになるかもしれません。不動産管理に課題を抱えている管理会社様は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

前の記事を読む

【不動産業界】インスタグラムを利用した賃貸物件紹介の成功法…

【不動産業界】インスタグラムを利用した…

今回のコラムでは、不動産管理会社が抱えやすい困…
コラム一覧へ